輸入住宅のメリット|中古一戸建て物件の購入を検討している場合は業者に相談を!

中古一戸建て物件の購入を検討している場合は業者に相談を!

室内

輸入住宅のメリット

一軒家

冬は断熱性が優れている

最近日本では、輸入住宅が増えています。輸入住宅の中でもとりわけ目立つのは北欧住宅です。北欧とは、北アメリカを指しますが、その一番の特徴といえばやはり冬場に強い住宅設計ではないでしょうか。北欧住宅の一番のメリットは断熱性になります。断熱性が優れているということは、寒い地方では冬場の暖房代を節約することができるようになります。東北地方や北陸地方、北海道地方においては冬場の光熱費の出費が多くて、頭を悩ませている家が少なくありません。ですが、北欧住宅にすると気密性が高いため、すき間から空気が漏れていきません。そのため部屋の中が暖かい状態を維持しやすくなります。これにより、それほど暖房を強くしなくても暖かい温度を維持でき、結果的に光熱費が安くなるのです。

ツーバイフォー工法の魅力

北欧住宅のもう一つの魅力はツーバイフォー工法を使っていることです。日本の住宅の工法は主に、従来工法といわれる日本古来からの間口の広い工法です。これに対してツーバイフォー工法の魅力といえば、地震に強いことではないでしょうか。一番の特徴は、壁と柱の両方で住宅を支えているため、従来工法に比べても強度が高いという特徴があります。地震大国の日本においては強度の強い家は魅力的であり、安心して住むことができるのです。ただしツーバイフォー工法には欠点があり、リフォームをしにくいところです。リフォームをする場合でも、水回りの交換や壁紙の張り替えぐらいは問題ありませんが、壁を一部取り払い間取りを変更してしまうようなリフォームは避けなければなりません。